6/10/2016

ノードが太陽に重なるとき ②

ネイタルチャートの太陽に
ぴったり重なっていたノード軸

ヘッドが重なった9年前に手術を受けて
テイルが重なった今となって初めて
術後のトラブルが起きた

ドキドキしながら検査結果を待っている間
わたしの得意技である
「根拠のない自信」が顔を出し始め
「なんとなく大丈夫な気がする」と
自分の楽観さが大当たりする瞬間が楽しみになり
最終的にはワクワクしながら
検査結果を聞きに行った

結果はやっぱりわたしの思ったとおりで
ウイルス感染ではなく拒絶反応だった

ウイルス感染の場合は治療がややこしく
入院のうえかなり高額できつい薬を
点滴で静脈に入れつづけることになるので
ウイルス感染でなくてよかったと
担当医からもよろこばれた

地元の医師にも報告しに行ったら
ずっとわたしのことを心配してくれていたようで
何度も目を潤ませてよろこんでくれた

病状が悪化して救急センターの
お世話になったのではと
センターに電話をかけようとしたと
そこまで心配されていたようで
たくさんいる患者のうちのひとりであるわたしを
こんなに想ってくれているのだと
驚きとよろこびとでいっぱいになり
これからの治療は笑顔で乗り切ろうと心に決めた

ノード軸(テイル)が太陽にヒットして
ノード軸(ヘッド)が太陽にヒットしたときのことを
ぼんやりと思い出しながら
あのときもたくさんの人たちに支えられて
命をなくしてまでも救ってくれたドナーや
多くの人たちへの感謝のきもちを
改めて強く感じたり

まもられているという自信があるので
何がどう転んでも大丈夫な気がする

今回のこの「根拠のない自信」は
実は「根拠のある自信」だから
さらに強く確かで
だからほんとうに大丈夫だと思う

一度死んでしまった人が
わたしのなかで生きているのだから
再び死なせるわけにはいかないし
レシピエントのからだのなかで生きていると
信じているご遺族のみなさんにも申し訳ないから

結局は覚悟の問題で
やると決めたらやる
向き合うと決めたら向き合う
闘うときは闘う

力が出るのは覚悟を決めたときだけ
だからあとはしっかりやるだけ